「美術と音楽をアートする」

Kurofune LAB

2019.03.01

16個の振り子が音楽を奏でるインスタレーション作品

センサーを用いて振り子の動きを計測

振り子はただ重力にのみ従い揺れ動く。

すこしずつ異なる大きさの振り子を並べることで微妙な周期の差がうまれ、全体として様々な外観を示す。

振り子が最下点を通過する時、それぞれに対応する音色が鳴る。時間の進行に伴い、音色も変化していく。

ハンドベルの合奏のように多数の振り子の音色が重なり合うことで、オーケストラのような豊かな音楽が立ち現れる。

This is a sound installation with 16 pendulums.

Each pendulum’s motion is detected by infrared sensors.

With respect to the gravity, the pendulums swing back and forth freely.

The pendulums have been arranged by their size to give off a subtle difference in their phases.

This gives the trajectory of the pendulums a peculiar illusion.

When a pendulum reaches the bottom, the corresponding sound will play.

As the time goes on, the sound will vary.

By layering the sounds of the pendulums like a handbell choir, a symphonic harmony emerges.

SENJU LAB

Tokyo Universiy of the Arts

社会に寄り添うアートのデザイン、ジャンルを越えたコラボレーションを考え、新たな可能性を探る総合芸術の実験室。

〒110-8714 東京都 台東区 上野公園12−8

080-1234-56789

mail-senju-lab-temp@temp.com

Senju Lab東京芸術大学